「ガン末期までを対応できる薬局を増やす」 従業員の意識を変え、早期戦力化へ【教育研修】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ガン末期までを対応できる薬局を増やす」 従業員の意識を変え、早期戦力化へ【教育研修】

調剤薬局から介護事業までを網羅的に手掛ける「(株)smilink」(すまいりんく)。
若くして戦略性を持った経営手腕を発揮する、西社長にお伺いしました。

企業情報

薬局名:ブレイブ薬局
会社名:株式会社smilink
店舗数:5店舗
在宅患者数:450名(居宅算定患者数)
従業員数:40人
設立:2016年

要望

ガン末期患者まで対応できる薬局を目標として、
社外研修にて効率的かつ体系的に早期スキルを習得したい

課題

社内での在宅知識・経験のバラツキがあり、
体系的に教えられる研修ができない

施策

KIRARI PRIME(旧:ボランタリー事業)の加盟、
緩和医療や無菌調剤(クリーンベンチを中心)などの研修の実施

効果

体系的な知識の習得
在宅に対する意識の変化(スタッフが前向きに、自信をもって在宅業務に取り組むようになった)

きらり薬局との出会い

元々弊社は耳鼻科の外来患者がメインの薬局でした。開業後1年くらい経ってから、地域ニーズに加え、経営の安定化という面からも在宅に取り組むことにしました。そこで、経営を圧迫する原価部分のネックから、医薬品の共同購入を検討していたところ、知り合いのつてで紹介してもらった「きらり薬局」さんに出会ったのが始まりでした。

教育研修導入の背景

医薬品の購入交渉にて薬価差から投資への原資を得たことで、当初より考えていた、次のステップを着手しようと考えていました。
(※医薬品の購入交渉代行は、別途こちらの導入事例にてご覧いただけます)
次のステップとは、「ガン末期までを対応できる薬局」にするべく、スタッフ教育を行うことでした。当初からの計画として、まず在宅医療をおこなう前提である在宅患者さまとのつながりを確保したうえで、それに対応できる人材の採用も出来てきたため、高度医療に対応できるスタッフの教育に早期に取り組む必要がありました。ここまで経営的にもスピード感を持って展開してきましたが、今度は質を担保して、しっかりと地域に集中するため、教育への投資をしっかり行いたいと考えていました。

実施したこと

そこで在宅の実績の多い、きらり薬局さんとの繋がりを活かし、希望の内容で外部研修のようなものができるかを相談しました。
もちろんOKとのことで、早速きらり薬局さんでカリキュラムを作成いただいて、細かな内容は相談しながら自由に追加・変更してもらいました。今回は緩和ケアや麻薬の基礎知識をはじめ、服薬指導方や、無菌調剤とくにクリーンベンチの実技指導などで2日間にわたる内容でした。
研修に対する悪いイメージですが、パッケージ化されて動かせない不要なコマなどがある印象がありますが、ここでは希望通りのものを優先でき、合理的に設計できるのが非常に良かったです。
そもそも在宅での実績があって、現場に寄り添った研修ができる会社が調べても見つけられなかったので、私が自分で研修をおこなうことも考えたのですが、手間も時間も掛かりますし、他の方の目線も入れたかったので、このような研修がお願いできて満足でした。
また実際の研修講師が、薬局長として店舗管理をするような現場の方と最初からわかっていたため、当日も現場の細かいところまで質問に対応できるというのも安心できる点の1つでした。

実際の効果

研修を実施してみて、実際の知識習得はもちろんですが、参加したスタッフが、「お客さんの前でも前向きに自信を持って取り組めるようになった」
との声も聞いていますし、実際そのような印象を現場から受けました。研修だけですぐに即戦力となることは考えてはいませんが、今後増える患者さんに対応できるかにおいては、まずは臆せずにやってみよう、と思える意識が醸成されたのは大きいと思っています。

まとめ

また個人的には、ただ研修をいきなり行うのではなく、研修前後で「なぜ今この研修をするのか」ということが大事だと思いスタッフの皆の前で話したのですが、ここでsmilinkが目指す、少し先の未来像(ビジョン)を話す場ができたことが非常に良かったと思っています。
人の流動性の高い薬局業界で、皆が全く同じ想いを持つことは難しいとは思いますが、この研修をきっかけに、今後スキルだけでなく、少しでもこの薬局が何のために存在し、1人1人がその中で仕事をしていくことの価値を実感できるように努めようと考えています。

■セミナー情報

在宅薬局に関わるノウハウや新しい情報など発信しています。
現在コロナもあり、WEBセミナー(ZOOM)にて開催中です。
(※入場無料です) 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

各種お問い合わせ

薬局経営、在宅対応でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

DOWNLOAD

在宅薬局に関する
役立つ情報が満載

資料ダウンロード一覧

CONTACT

ご質問や
お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

TELEPHONE

お電話からの
お問い合わせはこちら

092-558-2120

受付時間 9:30~18:00
(土日・祝日除く)

お電話からのお問い合わせはこちら

DOWNLOAD

訪問調剤の経験やノウハウの
お役立ち情報が満載